尺骨茎状突起(しゃっこつけいじょうとっき)とは

手首の小指側にあるポッコリと出た部分です。


普通はこの名称は知らないと思います。


以前、廊下の手すりの高さについて調べたときに、この名称がでてきま

した。


その資料の中で手摺の高さは、自然に立って手をおろした時の尺骨茎状

突起のあたりが良いとのことでした。


この内容だと、私にあった手摺高さは床から約800㎜あたりです。


他の資料では、床から750~850㎜の間の高さが良いとされています。


大腿骨大転子(これも分かりにくいです)の位置というのもあります。


諸説ありますが概ね同じ寸法です。

あとは、その手摺を主に使う人の身長等により変わってくるかと思い

ます。


※尺骨茎状突起をさらに検索していくとNHKの「ガッ活!」という

 少し前のアニメにたどり着きました。

そこでの名称は「ポコリーヌちゃん」だそうです。

設計 岡田