財産=耐久性

 

大東建設が手掛けるエキシービレッジ印西牧の原~ゆかりの杜~の住宅では

全棟 旭化成へーベル「パワーボード」を使用しております。

旭化成へーベルとは、60年以上の耐久性を誇る外壁材です。

特に有名なのは旭化成ホームズの「へーベルハウス」さんですね。


大東建設は木造住宅でへーベルという高耐久の外壁材を使用し、さらに旭化成から提供している専用塗料「イベリアン」を使用することによって、期待耐候年数を30年というロングライフ住宅を実現。

30年後に再塗装し、また30年後に再塗装を考える。通常なら外壁材を張り替えすることも有り得る外壁だが、この旭化成へーベル「パワーボード」なら60年以上、張り替えなしでメンテナンス費用を抑えることが可能



まさに「ロングライフ住宅」

屋根も防災陶器瓦を使用し、本来は5年に一度塗り替えが必要なベランダ防水も、この大東建設が手掛けるエキシービレッジ印西牧の原~ゆかりの杜~では金属製防水+デッキタイル敷きにしているので、直接紫外線が当たらず、劣化しにくい金属製防水を更に劣化しにくくしております。

住宅は家族という財産を守るのが使命。それを長期的に実現するには耐久性が欠かせないもの。


住みやすさで好評の印西市にある、大東建設が手掛けるエキシービレッジ印西牧の原~ゆかりの杜~へ是非遊びにきてください。