暮らし方改革 室温編NO7

 

インプラス(内窓)にはさまざまな効果をもたらす商品ですが、寝室に取り付けることで、睡眠の質も高まると思います。


室温が低い寝室で、特に寝ている間に冷気を吸い込み肺が冷えると、免疫力が低下します。免疫力が低下すれば風邪など引きやすくなります。室温が低いと肩こり・腰痛が増加するというデータもあります。


ベットのすぐ側に窓はないでしょうか?

窓からスーッと冷たい空気を感じませんか?

それは「コールドドラフト」現象です。


特に就寝中のコールドドラフトは冷えやすい状況です。

コールドドラフトで室温が仮に10℃以下の寝室で寝具内が30℃~33℃の場合にトイレなどで起き廊下、トイレが8℃となると温度差が25℃となり、血圧の上昇しヒートショックのリスクがあります。


特にトイレに行く回数が多い中高年は寒さで血圧が上昇し健康リスクが高まりますので、早めの対策が必要です。


住みやすさで好評の印西市にある、大東建設が手掛けるエキシービレッジ印西牧の原~ゆかりの杜~とエキシービレッジ四街道へ是非遊びに来てください。