へーベル工事終了しました。

 

住みやすさで好評の印西市にある、大東建設が手掛けるエキシービレッジ牧の原~食育の郷~の旭化成へーベルの外壁工事がビス穴処理を残しほぼ終了しました。

旭化成へーベル、パワーボードは地震発生した場合に起こる面内変形を想定した施工をしてます。

旭化成の試験場で強制的に変形させて、層間変形角を繰り返し試験することによって、へーベルの角にビスを留めない施工となりました。

地震の揺れる力を柔軟に逃がすことで損傷を少なくします。



今回、エキシービレッジ牧の原~食育の郷~の和モダンスタイルの玄関ポーチの天井には木目柄の天井材をセレクトしました。

これから旭化成へーベル専用「イベリアン」塗装をしますので、この木目柄がさらに引き立つことでしょう。


夕暮れ時に佇む和モダンスタイルの外観はこれから仕上げ工事に入っていきます。

仕上がりが非常に楽しみです。


是非一度、大東建設が手掛けるエキシービレッジ牧の原~食育の郷~、エキシービレッジ印西牧の原~ゆかりの杜~へ遊びにきてください。