火災警報器

 

本日は、火災警報器のお話です。

火災警報器は、古くなると電子部品の劣化や電池切れ等で、火災を感知しなくなったり、故障しやすくなるとの事ですので、10年を目安に交換をしましょう。

また、警報器本体には、テスト用のボタンが付いていると思いますので、時々ブザー音や、アナウンスが流れるかの確認をしてみましょう。



注文住宅・分譲住宅・リフォームのご相談は、

千葉県佐倉市の大東建設にお願い致します。


大東建設株式会社 メンテナンス コシカワ