大東建設の家づくり

サブタイトルを入力してください
しあわせを呼ぶフラットなつくり

住み心地の良い家を
本気で考える

世代を問わず調和した住まいづくり
住まいは地震や火災などから、大切な家族を守る役目も持ち合わせています。大東建設がモットーとするのは、「世代や環境が変わっても調和した住まいづくり」。その為には、丈夫で長持ち、心地よい環境が求められます。そして性能を持続させるために欠かせないメンテナンス。大東建設は将来掛かるメンテナンスも含めて,時を重ねても安心して住まうことのできるロングライフ住宅です。

長寿命で快適な住まいの3つのポイント

「住まいに豊かさ」を実現するために

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

安全

災害国家「日本」に建てること
大東建設では家づくりの原点とも呼べる、地震や火災などの災害に強い家を常に目指し続けています。木材の質や量、旭化成へーベル版の外壁、防災陶器瓦など、耐久性・メンテナンス性共にすぐれた素材の使用に加え、制振装置の搭載など、より強固な家づくりが私たちのこだわりです。そうした取り組みが実を結び、弊社の手掛けた家は、災害による全半壊は1棟もございません。※弊社調べ

安心

身近な建築会社であること
住宅を通して一生のお付き合いが始まります。それは恋人や夫婦のように、いつも手の届く距離にいることが安心感へと繋がります。地域密着の大東建設はお引渡し後、定期的に専任のアフターメンテナンスがご訪問させていただいております。30年以上前に建てられたお客様は今でも大東建設でメンテナンスをしながら、元気に暮らしております。どうぞ安心してお任せいただければと思います。

快適

心身共に癒しとなること
テクノロジーが進化し、2045年にはAIが人間の知能を超える「シンギュラリティ」に到達するといわれている現代。その反面ストレス社会で、睡眠不足、うつ病、生活習慣病、自殺者などの増加傾向にあるとも言われております。住宅を通して少しでも「癒し」や「心地よさ」を感じて、バイタリティな暮らしや生き方をしてもらえるように古来からある自然素材「木」を活かす、心地よさに大切な「断熱」や「風通し」を考えた住まいが大切です。
項目を追加

丈夫で長持ちを実現
中身へのこだわり

耐久・耐震・防災を徹底追求

一般的な住宅の約1.5倍の木材使用量

サブタイトルを入力してください
伐採から何十年、何百年とかけて強度を増していく木。その性質から日本では古来より建築物に用いられ、世界最古の木造建築物、法隆寺は1300年もの長きにわたり、風雪に耐え続けています。大東建設ではすべて無垢乾燥材の構造躯体を採用。土台は檜、柱は杉、梁は米松使用です。柱は4寸(12センチ)角の太さで、土台や梁もそれに合わせて太く設計しています。さらに耐震性を高めるため細かい木組みを行なっており、一般的な木造住宅と比べて、約1.5倍の木材を使用しているのが強みです。※弊社調べ

設計の自由度を生み出す伝統工法と地震に強い
最新技術を融合

サブタイトルを入力してください
最新技術の制震と伝統的な木造軸組構造を融合させることで、1棟ごとにベストな基礎設計と軸組を行なっております。設計の自由度を高い水準で確保しつつ、強靭な構造躯体で安全・安心な住まいをお作りできるのが強みです。また、大東建設が作る住宅の耐震性は、国が定めた住宅性能表示制度で最高ランクである、等級3*に相当しております。災害時に救助活動拠点ともなる、消防署や病院と同レベルの、高い耐震性を誇る住宅です。

住友ゴム製制震ダンパー
「ミライエ」を標準装備

サブタイトルを入力してください
千葉県佐倉市の大東建設では、高い耐震性に加え、揺れを最大95%制御する住友ゴム製制震ダンパー「ミライエ」を標準装備。耐震+制震のダブル工法で、お客様の住まいをしっかりとお守りいたします。記憶に新しい熊本地震でも、2回に及ぶ震度7の揺れや、震度5を超える余震に効果を発揮しています。そのすぐれた効果の詳細につきましては、ぜひミライエ公式ホームページをご覧ください。その凄さや、実際に効果を体験した方のインタビューも掲載されています。

60年以上の耐久性を誇る外壁材

サブタイトルを入力してください
サランラップで知られる旭化成グループ、旭化成建材が開発した外壁材「ALCヘーベルパワーボード」は、世界約40カ国、日本でも大型公共施設や高層ビルなどで幅広く活躍しています。最大の特徴は、断熱性・防火性・防災性・遮音性・耐久性において抜群の効果を発揮する点。安心・長持ちのロングライフ住宅を作るためには、欠かせない性能が備わっています。

進化した日本の屋根
防災陶器瓦

サブタイトルを入力してください
陶器瓦の歴史は1400年ともいわれ、現在も奈良県元興寺極楽坊の屋根に葺かれています。耐久性・防災にすぐれた現代の陶器瓦は、日本の気候風土にも適しており、多くの住まいを守り続けている存在です。しかしながら昨今では、工期やコストを抑えるために、耐久性に不安のあるスレート瓦が主流となっている現状も。大東建設では常にロングライフ・防災を考え、安全・安心に暮らせる陶器瓦をおすすめしております。

夏はサラッと涼しく
冬はウルッと暖かく

サブタイトルを入力してください
より快適な室内環境を実現するため、弊社では現場発泡ウレタンフォームや遮熱型透湿防水シート等を用いて、高気密・高断熱の住まいづくりを行なっています。さらに全熱交換型換気システムの導入により、季節ごとの温度・湿度を計画的に交換・換気し、快適性を高めると同時に、質の良い睡眠環境をお客様にご提供しています。

採用情報

大東建設は共に働いてくれるスタッフを募集中です!