今回のポイントは断熱です。
築30年以上の長屋の店舗併用住宅で断熱材の入っていないヶ所も多々ありました。
窓の入替をしつつ吹付断熱を施工しました。
窓は熱の入出量が多いヶ所になるので以前より一回り小さなサイズを選定、かつ部屋の明るさを保つ為に以前より高い位置に取付し、より奥まで陽が入る工夫もしました。
屋根は既存の屋根材を残し、スタイロフォームを入れ金属屋根で重ね葺き。
床も店舗部天井を剥がし、床・天井室内側に吹付断熱を施工。
室内側の間仕切も最低限の設置で抑え、冷暖房機1台で居住スペースをまかなえる間取りにしました。

前の施工事例

戸建て

北側住戸なのに、日差しが降り注ぐリビングダイニング

次の施工事例

戸建て

リラックス空間で翌日のバイタリティー溢れる暮らし