「あなたは平屋派?それとも二階建て派?比べてみました!それぞれのメリット・デメリット」大東建設のお家コラム

大東建設のお家コラムでは、これから住まい選びをしようという方や、住まいに対するお悩みをお持ちの方などに、住まいにまつわるお役立ち情報をお届けしてまいります。

今回は、「比べてみました!あなたは平屋派?それとも二階建て派?それぞれのメリット・デメリット」と題してお送りいたします。


【平屋のメリット】


生活・家事の動線が効率的


 例えば、洗濯物を干すときや掃除の時など、階段を使った移動がないのが平屋のメリット。重いもの等持ちながら、階段を使っての1階2階の行き来もなく、効率の良い家事(生活)動線となります。


階段がない為バリアフリーの暮らしが可能


 階段がないので、バリアフリーを実現。階段からの転落の心配等がないのも平屋のメリット。老後など、長い目で暮らしを考えたときも、快適で安心の住まいです。


家族のコミュニケーションの回数が増える


 リビングから寝室まで、すべての部屋が同じ1階にある為、学校から帰ってきたときも子どもと顔を合わせる機会が増えたり、家族どうしのコミュニケーションの機会が増えます。


高天井で快適な空間も実現可能


 2階がないので、2階を支える柱や壁が不必要となり、その分、自由度の高い間取りや、天井を高くするなども可能です。



【平屋のデメリット】


建物を広くすると土地の広さが必要になり、割高


 同じ広さの家を建てるなら、2階建てに比べると平屋は土地を広くとる必要があります。土地の価格も2階建てに比べると割高になります。


2階建てに比べ、建物の価格が高くなる場合がある


 建物の中でも特にコストを必要とする基礎(建物の土台)や屋根の面積が、2階建てに比べて2倍になるため、建物価格が高くなる場合があります。


外から見えやすくなるので、プライバシー・セキュリティ面に工夫が必要


 すべての部屋が1階なので、外から見えやすくなるのが平屋のデメリット。塀などで囲み、外から見えにくくしたり、防犯カメラや、踏むと音が鳴りやすい防犯砂利を敷き詰めるなど、プライバシー・セキュリティへの工夫が必要です。


日差しが感じにくくなる


 しっかりと光の通り道を作らないと、日差しが入りにくくなることがあるため、工夫した彩光プランが必要になります。



【2階建てのメリット】


床面積を広くできる


 2つの階がある分、生活のためのスペース、床面積を広く取ることができるので、リビングも寝室も広々で快適な空間が実現できます


平屋より割安な建物価格


 基礎は1階部分のみ、屋根や2階部分のみとなる分、平屋に比べて建物価格を割安にすることができます。


プライバシー・セキュリティ面で有利


 主に寝室が2階の2階建ては、外からの視線も届きにくくなり、プライバシーを確保しやすくなります。あわせて、セキュリティの面でも平屋より有利になります。


いざという時、2階に避難できる


 お住まいの場所によりますが、浸水の際、2階があれば避難することも可能です。


【2階建てのデメリット】


階段があること


 平屋と大きく異なるのは階段があること。バリアフリーや家事動線という面ではデメリットになります。


地震・強風の揺れを感じやすい


 平屋に比べ、建物の高さがある分、地震のときや台風による強風の揺れを感じやすいつくりになってしまいます。


メンテナンスの費用がかかる


 高さがある分、職人さんが壁などの作業をするために足場を組む必要があるので、メンテナンス費用がかかります。



【このような方には平屋がオススメ!】


・バリアフリー住宅を作りたい方

・天井高を気にせず、開放的な家に住みたい方


【このような方には2階建てがオススメ!】


・ 家のコストを抑えたい方

・2世帯住宅を建てたい方



【まとめ】


 平屋も2階建ても、それぞれにメリット・デメリットがありますし、それ以上に住む人のライフスタイルが大きく影響しますので、どちらが良いとは言い難いのが実情です。反対に、それぞれのメリットを考慮しながら、ライフスタイルに合わせた家選びをお楽しみいただければと思います。

 大東建設では、戸建て住宅の建築・販売を通じ、皆様に新生活をご提案しています。住まいづくり、住まい選びに関する様々な疑問、お悩みも承ります。ぜひお気軽にご相談ください。