日本のシリコンバレーに。

 

数か月前の記事で、あの米グーグルが日本初のデータセンターを印西市に建設すると発表がありました。皆さんも日頃ググってるグーグルが印西市にやってくることは光栄だと思います。何せあのGAFA(グーグル・アマゾン・フェイスブック・アップル)といった巨大IT企業が印西市にやってくるのです。いよいよ印西市も日本のシリコンバレーか?

県もIOTやAIに関連した企業誘致に力を入れており、グーグルがIT企業進出の呼び水になる可能性をかけているそうです。

確かにあのグーグルがきたらそれに関連したIT企業も来る可能性があるし、近い将来IT先進都市になることも?それこそMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)をいち早く広がることもあるかもしれません。MaaSとはサービスとしての移動として、マイカー以外のバス・電車・レンタカー・レンタサイクル・タクシー・飛行機などあらゆる交通手段がニーズに合わせてパッケージ化され、定額で提供されるサービスです。すでにフィンランドのヘルシンキでは始めているそうです。車は所有から利用に変わりつつあり、トヨタ自動車も「KINTO」といった、サブスクサービスも開始してます。そんな中、大東建設が手掛けるエキシービレッジ印西牧の原~ゆかりの杜~の住宅も先取りでIOTを取り入れております。グーグルスピーカーも標準装備。

自然素材である無垢構造材を使用しながらも、今後普及するであろうIOTやAIなど最先端テクノロジーも兼ね備え、地域密着型の建築会社というコミュニティやアフターメンテナンスも大切にしていく、デジタル×アナログを融合した、大東建設が手掛ける、エキシービレッジ印西牧の原~ゆかりの杜~に是非遊びに来てください。