木の穴

 

先日、東金市の木材市場へ初めて行きました。

大木が並んでおり、これから競りが始まろうとしております。



林野長官賞や市長賞など、賞を頂いている原木がありますが、私が見ても良く解りません。

しかし、大東建設、当社の社長は木の目を見たり、色々な角度から見てるのか、「これ良い木だよ」と言ってました。

見る人が見ると判るんだなっと。


大東建設は元々材木屋。社長もチェンソー持って森林で大木を切っていた経歴がある。

木の良さ、適材適所を熟知しているプロフェッショナル。

なので、住宅を造る上でも木の性質特徴を熟知してなければ

間違った使い方をしてしまう。

木によって適材適所があるのです。


これを守る事を「木使い」ができる家。また「気遣い」とも言います。

間違った使い方をする所は「木違い」の家。または「気違い」とも言います。


樹齢何年でしょうか?

長い年月、自然と戦ってきたという、何か感じられる木が多く貴重な体験でした。