暮らし方改革 室温編NO11

 

快適な室温を保つことの他に、プラスαとして室内に「木」を張る事をオススメしてます。

木視率というのがあります。

室内に立って辺りを見渡した時、木肌が見える割合のことです。


この割合は色々な研究所でデータがありますが、一番効果的な割合は45%と言われております。


一見100%にすると良さそうに見えますが、実はそうでもないのです。

床はフローリングとして木目が見えますが、例えば天井も木目にする、

壁面に2面を木目にするなど、色々ありますが床面と天井面が良いかと思います。


また、木目調のクロスと杉無垢材を張るのとでは、効果も違いがあります。

どちらが効果的かは、すぐにお判りかと思いますが杉無垢材の方が効果が高いです。

では何に対して効果的なのでしょうか?


住みやすさで好評の印西市にある、大東建設が手掛けるエキシービレッジ印西牧の原~ゆかりの杜~とエキシービレッジ四街道へ是非遊びにきてください